私とバイオプランツ

先生の体験談

47歳でメディカリストを目指し、岡山初のバイオプランツ認定店です。全ては「お客様たちを美しくしたいから」

45歳から52歳でこんなに変わりました!

自分自身の肌がきっかけです。

私は子どもの頃からアトピー、日光アレルギーに悩まされ、ステロイド剤を長年使い続けてきました。
「自分自身の肌トラブルを改善したい。肌のことをもっと知らなければ」。
また、「病気は原因が分からないと根本的な治癒にならない」と、この道に進みました。

当時、上質なスキンケアと出会ったことで、私自身の肌も良くなっていきましたが、42歳の時、婦人科系の手術をし、疲れやすくなり、気持ちもふさがりがちに。
3年ほど経ち、鏡を見た時、「何、これ」と。シミがふえ、顔のたるみやほうれいせんも深く刻まれていた自分の老け顔にびっくりしました。
美を提案するビジネスをしているにもかかわらず、すでに自分は老いている・・・・。
不安と焦りが襲って来ました。鏡を見ては落ち込む日々。
当時、お客様からも「疲れてる?」があいさつ代わりでした。

バイオプランツとの出会い

そんな時、県外でエステサロンを営む友人に相談したところ、「紹介したいトリートメントがある」と勧めてくれ、半信半疑で通いました。1度目は変化が全く感じられず、「えっ?」という感じ。肌が赤黒くなり、ピリピリしました。しかし、2度目からは開いていた毛穴が引き締まったのが感じられ、3度目には肌のくすみが取れ、「本当に私の肌?」と思うまでに変わったのです。
同時に、お客様から「やせた?」「ファンデーションを変えたの?」、中には「整形したの?」とまじめに聞く方も。
そこで、バイオプランツの話をしたら、お客様たちの方から、「やって欲しい」という声が続々と上がり始めました。

47歳で新たな挑戦

すでに47歳。年齢のこともあり、東京まで行って、メディカリストの資格を取るのもおっくうだったのですが、「やっぱりお客様たちを美しくしたい」と一念発起し、5年前岡山初のバイオプランツ施術認定店となりました。
私自身が、「老いと不安」と対面し続けた42歳から47歳までの5年間の長いトンネルはバイオプランツと出会ったことで、見事に通り抜けることができました。今では、もっとキレイになるぞという自分に期待をかけ続ける毎日です。そして、より多くの方々にバイオプランツのすばらしさを知って頂き、美しく歳を重ねて欲しいと思います。
お客様との写真お客様と
( オセラ2012年春号取材の際に掲載された写真)


ツインでレラストーリー

お客様のお声を更新しています!

お客様のBefore・After を随時更新しております。是非ご覧ください。

ツインデレラストーリーはこちらから